2000s

2009.05

サムネイル

食育の一環として稲作プロジェクトスタート

食育の一環として、地元小学校との「稲作プロジェクト:を開始。2013年まで開催された。また、新潟市と災害時応援協定を締結するなど、地域との結びつきを強めた年になった。

2009.02

サムネイル

タイ・SMTC Co.,Ltd.(現・THAI KAMEDA CO., LTD.)を子会社化

タイを重要な供給拠点の一つとして位置づけ、安全で高品質な米菓を生産することができるSMTC社を子会社化。

2008.05

G8労働大臣会合が新潟市で開催され、亀田製菓を視察

G8労働大臣会合が新潟市で開催。亀田製菓も視察先に選ばれ、その取組と技術力の高さをアピールすることができた。

2008.04

KAMEDA USA設立

海外事業拡大と将来への布石として「KAMEDA USA,INC.」を設立。「柿の種」を中心とする米菓の販売を事業内容として、米国西海岸を中心にテスト販売を開始した。

2008.02

サムネイル

新食感おせんべい「Sakuri」発売

「ちょっとおしゃれに ちょっとモダン」というキャッチコピーで新発売された新食感おせんべい。おせんべい生地にクラッシュアーモンドを練り込み、表面にスプレーしたホイップシュガーで、ほんのり甘く、外側はカリッ、中はサクリとした食感で人気を博した。

2007.10

サムネイル

新R&Dセンター竣工、開所式

技術と創造の機能を統合し、健康・おいしさ・感動を創る拠点として、新R&Dセンターを建設。

2007.07

サムネイル

新潟県中越沖地震発生支援

2004年の中越地震に続き、中越沖地震が発生。物資の提供などを行った。

2006.06

サムネイル

新体制

田中通泰が取締役社長に就任。

2005.07

サムネイル

天津亀田食品有限公司(康師傅悾股有限公司との合弁会社)を設立

中国の大手食品会社、康師傅との合弁により、中国2社目の子会社として設立。中国国内市場に向けて米菓の製造販売を開始した。中国におけるニーズや嗜好を捉えるための模索が続いた。
※2012年(平成24年)合弁事業を解消

2005.06

ポップコーン3品(うす塩味、バター味、あっさりバター味)発売

アメリカ・コナグラ社の電子レンジポップコーンの販売権を獲得し、販売開始。

2004.10

サムネイル

新潟中越地震発生、ボランティア活動を行う

7月に新潟県中・下越地方を襲った「7・13水害」に続き、10月には中越地方で中越地震が発生。緊急食糧として米菓の提供を行ったほか、ボランティアとして社員150名を派遣し、地域社会に貢献した。

2004.10

サムネイル

株式会社日新製菓を子会社化

「ふくべせん」などのヒット商品で知られる栃木県の米菓メーカー株式会社日新製菓と業務・資本提携を結んだ。

2004.05

サムネイル

青島亀田有限公司開業式

中国初の子会社・青島亀田有限公司の開業式を行い、本格的な中国進出の始まりとなった。

2004.02

サムネイル

とよす株式会社を子会社化

「あられはやっぱりとよす」で有名な関西の米菓メーカーとよす株式会社と業務・資本提携を結んだ。

2003

サムネイル

「たきたての発芽玄米」発売

低アミロース米「たきたて」を使用した発芽玄米で、食べやすさ、おいしさにこだわった商品。

2003.11

サムネイル

サッカー アルビレックス新潟J2優勝、J1に昇格決定

1996年からユニフォームスポンサーを務めているサッカー・アルビレックス新潟がJ2で優勝し、J1昇格を決めた。

2003.01

サムネイル

中国青島市に「青島亀田食品有限公司」を設立

中国への進出の先駆けとして、青島市に子会社を設立。

2001.11

サムネイル

「植物性乳酸菌ヨーグルト」が新潟産業大賞2001で奨励賞受賞

新潟県産牛乳を使用し、植物性乳酸菌でじっくり発酵させ、スッキリとした味わいに仕上げた「植物性乳酸菌ヨーグルト」が、新潟産業大賞2001で奨励賞を受賞した。

2000.10

サムネイル

「ふっくらおかゆ」「植物性乳酸菌ヨーグルト」発売

「コメの成分を活用した新しい食品の開発」をテーマとしてヘルスケア商品を開発・販売。

2000.04

サムネイル

新体制

古泉肇が取締役会長に就任、金津猛が取締役社長に就任

2000.03

新潟証券取引所と東京証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所市場第2部に上場

1984年に県内の米菓メーカーとして初めて新潟証券取引所に株式を上場していたが、この年、新潟証券取引所が東京証券取引所と合併したため、東京証券取引所第2部上場を果した。