2010s

2017.06

サムネイル

「えるぼし」認定

「女性活躍推進法」に基づき、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況が優良な企業として、認定マーク「えるぼし」を取得。認定項目は①採用②継続就業③労働時間等の働き方④管理職比率⑤多様なキャリアコースがあり、当社は②〜⑤の4項目で基準を満たすことから、「えるぼし」の2段階目の認定を取得。

2017.05

サムネイル

インド・Daawat KAMEDA (India) Private Limited合弁会社設立

インドの大手食品企業であるLT Foods Limitedと共同でインド市場に合わせた米菓の製造及び販売をおこなう合弁会社設立。

2017

サムネイル

60周年イベント開催

会社設立60周年を記念して、「亀田のお菓子総選挙」「カメダノバザール」などを開催し、従業員一同でモザイクアートも作成した。

サムネイル

2016.04

サムネイル

「TANEBITS」(タネビッツ)オープン

「焦がす」「揚げる」「燻す」「漬ける」50周年を迎えた「亀田の柿の種」がプレミアムに進化コンセプトショップ『TANEBITS』が阪急うめだ本店に開業。

2016.01

サムネイル

「亀田の柿の種」12年ぶりにリニューアル

ピーナッツの製法を改良した「亀田の柿の種」がリニューアル。ピーナッツのまろやかさ、カリッとした食感、香ばしさのアップとなる改良を行った。新パッケージには「いつでもカリッと!」をキャッチコピーが入った。

2015.06

サムネイル

新体制

田中通泰が代表取締役会長 CEOに、
佐藤 勇が代表取締役社長 COOに就任

2014.11

亀田工場工業団地が「FSSC22000」認証を取得

食品の安全・安心の管理体制のさらなる向上を目指し、食品安全システムの規格FSSC22000を、主力工場である亀田工場工業団地が認証取得。

2013.10

サムネイル

「亀田の柿の種」イメージキャラクターに女優 有村架純さんを起用

NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で好演し、人気急上昇中の女優・有村架純さんを「亀田の柿の種」のイメージキャラクターに起用。爽やかな笑顔が話題となった。

2013.06

持分法適用関連会社「THIEN HA KAMEDA, JSC.」を設立

アジア市場への取組の一環として、ベトナムにおける合弁会社「THIEN HA KAMEDA,JSC」を設立。

2013.01

尾西食品株式会社を子会社化

「お米」を通して更に幅広い商品・サービスが提供できるよう、当グループの事業拡大を計るため、お米を原料とする長期保存食の有力企業尾西食品株式会社(東京都)の全株式を取得し、子会社化した。

2012.12

サムネイル

アメリカ・Mary's Gone Crackers. Incを子会社化

Mary's Gone Crackers, Inc. は、米国内で拡大しているオーガニック市場において、有力なクッキー・クラッカーブランドを持つ成長著しい企業。今後は、同社のブランドを活かしながら、当社の商品開発力・製造技術等のノウハウを投入することで、当グループの海外事業の拡大をはかる。

2012.10

サムネイル

ソフトタイプ米菓に適した
水稲新品種「亀の蔵」開発

農研機構 中央農業総合研究センターは、早生の低アミロース水稲新品種「亀の蔵」を開発。農研機構 中央農業総合研究センターと亀田製菓株式会社は共同研究を行い、「亀の蔵」を用いると、口溶けが良好で、米の風味、甘味が強いソフトタイプ米菓の製造が可能となり、作業性にも優れることを明らかにした。

2012.10

サムネイル

「HAPPY Turn's(ハッピーターンズ)」オープン

「幸せ届けるお米の焼菓子」コンセプトとして「HAPPY Turn's」を阪急うめだ本店に開業。

2012.04

東京証券取引所市場第一部
に指定

2012年4月6日、亀田製菓の株式が東京証券取引所市場第二部より同市場第一部銘柄に指定。国内および海外での事業拡大、収益の成長と企業価値の向上を目指す。

2011.03

東北地方太平洋沖地震発生。被災地への援助や復興支援を行った。

3月に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では、発生直後から物資支援、被災者の雇用支援などの数々の支援を行った。

2010

日本航空と連携し、ハッピーターンPRキャンペーンをスタート

10月に名古屋で開催された「国連地球生きもの会議(COP10)」に合わせ、JALとのコラボレーションで「飛びたてハッピーターンキャンペーン」を実施(7月21日~9月30日)。ハッピーターンラッピング機「COPエコ・ハッピーターン号」が就航。

2010.05

サムネイル

乳酸菌「K-2」が素材として販売開始

アトピー性皮膚炎やスギ花粉症などのアレルギー症状緩和作用や、インフルエンザの症状緩和作用をもつ、酒粕由来の植物性乳酸菌「K-2」を大学と共同研究し、素材として販売を開始した。