国内食品事業Better For You 食品事業の構築

2018年度に策定した中期経営計画の中で、亀田製菓は、製菓業から食品業へと本格展開していくことを宣言しました。これまで、米菓以外の事業分野として、慢性腎臓病の方々向けの食事療法用に病院や在宅で使用される低たんぱく質米飯『ゆめごはん』や、なめらかで食べやすいユニバーサルデザインフード『ふっくらおかゆ』を提供し、現代社会における高齢化の進展や健康志向の高まりといった要請に応えてきました。さらには、お米由来の植物性乳酸菌「K-1」や酒粕由来の植物性乳酸菌「K-2」において、様々な効果・効能を検証し、その応用範囲を拡大することでヘルスケアビジネスの可能性を広げています。お米に関する長年の研究成果を形にしたこれらの商品は、亀田製菓の食品事業の礎となっています。

2013年には長期保存食を製造・販売する「尾西食品株式会社」を子会社化しましたが、防災意識の高まりの中で、その確かな技術と商品性を背景に、業容の拡大を続けています。今後も、製造・販売体制を強化し、国内外に、長期保存食を広げていきます。
将来に向けては、これらの事業の持続的な成長はもとより、既存事業・技術とのシナジーと新たな視点を加え「素材まるごとの栄養素を活用し、美味しく健康価値ある商品を提供する」をコンセプトとしたBetter For You 食品を開発し、食品事業の拡大をはかっていきます。

長期保存食ビジネス

尾西食品は、お米を原料とする長期保存食の草分けです。災害等危機対応の意識の高まりを受け、炊きたてのおいしさを損なうことなく5年間長期保存できる尾西食品の米飯やその加工品は内外より大きな注目を浴びております。アルファ米をはじめ食品の長期保存を可能にする技術力が高く評価され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の国際宇宙ステーションにおける「宇宙日本食」の認証を受けました。

長期保存食

お米由来の植物性乳酸菌ビジネス

亀田製菓の長年の研究の成果により誕生した、お米由来の植物性乳酸菌。用途も幅広く、乳酸菌補助食品や栄養機能食品、お菓子、飲料などへの活用が可能です。赤ちゃん向けおやつ『ハイハイン』などの米菓に加えるだけではなく、食品メーカーなどに素材を販売する B to B 取引に注力することで、今後も更なる成長が期待されます。

  • 「K-1」菌の電子顕微鏡写真
    「K-1」菌の電子顕微鏡写真
  • 「K-2」菌の電子顕微鏡写真
    「K-2」菌の電子顕微鏡写真
  • 『ハイハイン』
    『ハイハイン』