海外米菓事業 グローバルへの挑戦

日本を代表するお菓子として、多くの人々に親しまれ続けている米菓を世界に向けて展開。亀田製菓は、今、米菓を通して世界中の人々に健康や幸せをお届けする「グローバル・フード・カンパニー」を目指しています。

亀田製菓が初めて海外に進出したのは1989年。アメリカ・イリノイ州の「SESMARK FOODS, INC.(現TH FOODS, INC.)」に出資し、北米での米菓製造・販売を開始。健康志向や日本食ブームが追い風となり、低アレルギー性・低脂肪のライスクラッカーとして高い成長を続けています。2008年にはアメリカ・カリフォルニア州に「KAMEDA USA, INC.」を設立、亀田製菓の看板商品『亀田の柿の種(現地名Kameda Crisps)』を北米で販売しています。また2012年にはオーガニック・ライスクラッカー大手「Mary’s Gone Crackers, Inc.」を子会社化し、北米での地歩を固めています。

アジアでは、中国・青島に製造拠点として2003年「青島亀田食品有限公司」を設立、現在は中国市場向け販売も強化しています。2009年にはタイの「SMTC Co., Ltd.(現THAI KAMEDA CO., LTD.)」を子会社化、クロスボーダー取引を拡大し世界各地に販売しています。2013年にはベトナムの米菓トップ企業との合弁会社「THIEN HA KAMEDA, JSC.※」を設立しました。これらの海外ネットワークを活用して世界に亀田製菓の米菓を広げていきます。

地図
THIEN HA KAMEDA, JSC.※

ベトナムベトナム

現地の米菓トップ企業「THIEN HA CORPORATION」とのジョイントベンチャーとして2013年に設立しました。成長著しいベトナム米菓市場に対して亀田製菓の商品をベースに現地化を施した商品を、現地工場で生産し、展開していきます。

※THIEN HA KAMEDA, JSC.は持分法適用関連会社です。

写真
THAI KAMEDA CO., LTD.

タイタイ

タイ国内最高レベルの品質管理がおこなわれ、アジア市場をはじめとして、日本や北米、ヨーロッパなど世界各地への供給拠点として重要な役割を担っています。また大手流通企業DKSH社と提携してタイ国内市場向けに自社ブランド商品の製造・販売を開始しています。

青島亀田食品有限公司

中国中国

中国市場の第一歩となった「青島亀田食品有限公司」。2003年、中国青島経済技術開発区に、日本向け米菓の製造拠点として設立。更なる発展が期待される中国市場向けに、商品開発や販売を強化しています。

写真
Mary's Cone Crackers, Inc.

アメリカアメリカ①

2012年に子会社化。オーガニック(有機栽培)、グルテンフリー(小麦グルテンを含まない)、ヴィーガン(純菜食主義)、ホールグレイン(全粒粉・全粒穀物)をコンセプトにした商品を製造・販売し、健康志向の高まりを背景に高い成長を実現しています。

写真
KAMEDA USA, INC.

アメリカアメリカ②

『亀田の柿の種(現地名Kameda Crisps)』を販売する拠点として2008年に設立、2013年から『亀田の柿の種』の現地生産によるグルテンフリー(小麦グルテンを含まない)を実現、健康志向の強いユーザーへの拡販をおこなっています。近年では、ソフトな食感が特徴の『FROSTED RICE SNACKS』も好調です。

写真
TH FOODS, INC.※

アメリカアメリカ③

亀田製菓の海外初拠点となったのが「TH FOODS, INC.」です。北米における健康志向の高まりを背景に、低カロリー・低脂肪、低アレルギー性のライスクラッカーとして、亀田製菓の米菓は大きな成長を続けています。

※TH FOODS, INC.は持分法適用関連会社です。

写真