亀田製菓グループの目指す姿

中間経営計画

世界に飛び出し、「グローバル・フード・カンパニー」となること。これが亀田製菓グループが掲げる大きな目標です。その実現に向けて、私たちがお客様に提供する価値、それは“美味しく からだに良いものを選び、食べ、楽しむ、健やかなライフスタイルへの貢献”です。2030年度の夢は、こうしたお客様価値の提供を通じて、“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For You の食品業”へと進化することです。

2023年度までの新たな中期経営計画「Changing gears 2023」では、夢の実現に向けた道のりを描いています。海外事業及び国内食品事業を中心とした「事業領域の拡大」と、国内米菓事業のブランド集約、ポートフォリオ強化及び製造原価改善を中心とした「コスト・収益構造の転換」、そしてそれらの取り組みを支える「経営基盤の強化」の3つを戦略の柱に据えて、持続的な成長と企業価値の向上をスピードをあげて実現していきます。

目指す姿 グローバル・フード・カンパニー

目指す姿 グローバル・フード・カンパニー

“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For You の食品業”へ


Changing gears 2023 (2018年度~2023年度)

画像

事業構想 Changing gears 2023 〜 Upshift 2030

中期経営目標

連結売上高 営業利益 営業利益率
2020年度計画 1,130億円 90億円 8.0%
2023年度計画 1,300億円 130億円 10.0%

画像