お米のエキスパートとして

亀田製菓は、1950年代後半から新潟県と、お米の特性や米菓の製造設備の共同研究を開始。より多くの人々においしい米菓を安定的に供給するため、職人のものであった米菓づくりの産業化を可能にしました。

最近の事例としては、荒砕き醤油二度づけ製法により、濃厚な醤油味としっかりした歯ごたえを実現した『技のこだ割り』や、スナック菓子の製法を融合し、これまで困難だった米菓を薄く仕上げることを可能にした『通のえだ豆』。最先端の製造設備の下で、日夜、米菓の開発を続けています。

近年は、米菓だけではなく、原料となるお米の基礎研究をおこない、健康を軸にしたお米の可能性を追求しています。

お米のエキスパートとして

米菓以外の領域へと踏み出した「ヘルスケア商品」第1号が、慢性腎臓病の方々が切望されていた低たんぱく質米飯『ゆめごはん』です。お米の乳酸菌飲料研究の際、乳酸菌の作用でお米のたんぱく質含有量が半分になっていることを発見し、1994年『ゆめごはん』が誕生しました。

また、適度なとろみと舌でつぶせるやわらかさが特徴の『ふっくらおかゆ』を高齢化社会のニーズに応えた商品として発売。そして、お米の乳酸菌からつくられた『植物性乳酸菌ヨーグルト』は、多くの人々から支持されています。また、新潟大学農学部と共同研究を進めている植物性乳酸菌「K-2」に、アトピー性皮膚炎や花粉症を抑える抗アレルギー効果を発見。更なる期待を集めています。ヘルスケア事業は、お米を知り尽くした亀田製菓だからこそ実現できた、成長が期待される事業領域です。

  • 技のこだ割り
    技のこだ割り
  • 通のえだ豆
    通のえだ豆
亀田製菓研究室
1950年代後半から続けてきたお米の研究。お米を知り尽くした亀田ならではのヘルスケア事業に取り組んでいます。