主な研究論文・学会発表

米菓

研究論文

タイトル 油による米菓食感の変化と油の浸透度の可視化
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2022;69(5) (in press)
著者 山谷健太、竹井亮、髙橋肇、勝野那嘉子、西津貴久
タイトル 米菓の飲み込みやすさの解明に向けた食塊構造の可視化
掲載誌 日本食品工学会誌. 2022;23(1):25-34
著者 山谷健太、伊藤克祥、竹井亮、髙橋肇、勝野那嘉子、西津貴久
タイトル 米菓の口どけ感評価のための簡易的な人工食塊作製法の検討
掲載誌 美味技術学会誌. 2021;20(2):75-80
著者 伊藤克祥、細井友加里、山谷健太、竹井亮、髙橋肇、勝野那嘉子、今泉鉄平、西津貴久
タイトル 米菓の食感に及ぼす咀嚼振動の影響に関する研究
掲載誌 美味技術学会誌. 2021;20(1):9-17
著者 Xuanpeng WANG、勝野那嘉子、勝又明敏、松原一生、藤原周、山谷健太、竹井亮、髙橋肇、松下光次郎、今泉鉄平、西津貴久
タイトル Age-related changes in functional adaptation to bolus characteristics during chewing
掲載誌 Physiology & Behavior. 2020;225
著者 竹井絵理、後藤理恵、Sirima Kulvanich、辻村恭憲、真柄仁、伊藤加代子、竹井亮、鷲尾英明、荒生均、井上誠
タイトル 米菓の口どけ感の定量的評価
掲載誌 日本食品科学工学会, 2019;66(3);90-99
著者 山谷健太, 細井友加里, 竹井亮, 鷲尾英明, 西津貴久
タイトル Effects of rheological properties of rice dough during manufacture of rice cracker on the quality of the end product
掲載誌 J Texture Stud. 2019;50:139-147
著者 Ryo TAKEI, Kentaro MARUYAMA, Hideaki WASIO, Toshiyuki WATANABE, Tsutomu TAKAHASHI

論文賞受賞

タイトル 米菓の物性と構造が口どけ感に及ぼす影響
掲載誌 日本食品科学工学会, 2018;65(12):573-582
著者 細井友加里, 山谷健太, 竹井亮, 勝野那嘉子, 西津貴久
タイトル 米菓と炊飯米の炭水化物の消化速度の比較
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2013;60(1):48-53
著者 樋口裕樹、熊谷武久
タイトル 咀嚼時の米菓のテクスチャー変化とかたさ官能評価の関連
掲載誌 日本咀嚼学会雑誌. 2013;23(1):3-16
著者 伊藤彰、高橋肇、北川純一、黒瀬雅之、山田好秋、山村健介
タイトル 乳白米の特性および米菓加工に及ぼす混入率の影響
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2013;59(12):621-627
著者 北爪良太、中村澄子、熊谷武久、高橋肇、大坪研一
タイトル Quality evaluation of rice crackers based on physicochemical measurements
掲載誌 Biosci.Biotechnol.Biochem. 2012;76(4):794-804
著者 Sumiko NAKAMURA, Dai SUZUKI, Ryota KITADUME and Kenichi OHTSUBO
タイトル 米菓を用いた咀嚼能力評価の取り組み
掲載誌 日本咀嚼学会雑誌. 2011;21(1):19-21
著者 伊藤彰

優秀学会賞受賞

タイトル 米菓の硬さによる分類
掲載誌 日本咀嚼学会雑誌. 2009;19(1):29-38
著者 高橋肇、伊藤彰、山村健介、新井映子、山田好秋
タイトル 硬さの異なる米菓を用いた動的咀嚼力測定
掲載誌 日本咀嚼学会雑誌. 2008;18(1):75-76
著者 高橋肇
タイトル 高齢者向け米菓の研究
掲載誌 日本咀嚼学会雑誌. 2006;16(2):70-82
著者 高橋肇、伊藤彰、江川弘子、渡辺紀之、井上誠、新井映子、山田好秋
タイトル 熱分析法による米菓製造工程解析
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 1999;46(2):51-58
著者 渡辺紀之、城斗志夫、早川利郎
タイトル Characterization of Factors Affecting Properties of Rice Cake and its Structure
掲載誌 Food Sci.Technol.Int. 1997;3(1):6-9
著者 Toshiyuki WATANABE, Yutaka HASHIMOTO, Toshio JOH and Toshiro HAYAKAWA
タイトル Characterization of viscoelastic Properties of Rice Cake
掲載誌 Food Sci.Technol.Int. 1997;3(1):1-5
著者 Toshiyuki WATANABE, Yutaka HASHIMOTO, Toshio JOH and Toshiro HAYAKAWA
タイトル 新形質米の米菓加工適正 -アミログラム特性と米菓生地膨化性の関係ー
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 1993;40(4):278-286
著者 山田博治、笹川信夫、北沢清
タイトル Linear viscoelastic properties and tissue structures of mochi cake
掲載誌 Agric.Biol.Chem. 1990;54(11):2941-2947
著者 Yoshinobu ISONO, Emiko OKAMURA, Teruo FUJIMOTO and Toshiyuki WATANABE
タイトル Nonlinear viscoelastic properties of mochi cake
掲載誌 Agric.Biol.Chem. 1990;54(11):2949-2952
著者 Yoshinobu ISONO, Emiko OKAMURA, Teruo FUJIMOTO, Yutaka HASHIMOTO and Toshiyuki WATANABE

学会発表

演題 唾液分泌量の低下が咀嚼嚥下運動に与える影響
学会名 日本顎口腔機能学会 第66回学術大会 2021年
発表者 ○後藤理恵、落合勇人、Sirima Kulvanich、辻村恭憲、真柄仁、竹井亮、髙橋肇、井上誠
演題 米菓の口どけ感評価のための人工食塊モデル作成法の検討
学会名 第21回美味技術学会例会 2021年
発表者 ○伊藤克祥、勝野那嘉子、山谷健太、竹井亮、髙橋肇、今泉鉄平、西津貴久
演題 米菓の口どけ感評価のための人工食塊モデル作成方法の検討
学会名 日本食品科学工学会第68回大会 2021年
発表者 ○伊藤克祥、勝野那嘉子、山谷健太、竹井亮、髙橋肇、今泉鉄平、西津貴久
演題 米菓と豆菓子の食べ合わせ喫食時の味、風味の変化の検討
学会名 日本官能評価学会 2020年
発表者 ○野村和代、竹井亮、鷲尾英明、小竹佐知子
演題 高齢者用咀嚼食品としての米菓の可能性
学会名 日本咀嚼学会第31回学術大会 2020年
セッション名 シンポジウム「咀嚼の重要性とは ? ─ あらためて多方面から考える」
発表者 ○竹井亮
演題 米菓への油脂浸透度と食感の関係
学会名 日本農芸化学会 2020年
発表者 ○山谷健太、原伊織、竹井亮、勝野那嘉子、西津貴久
演題 醤油米菓咀嚼中の香気特徴研究
学会名 日本農芸化学会 2020年
発表者 ○川村知世、竹井亮、鷲尾英明、小林文幸、小竹佐知子
演題 「ベタベタ感」は柿の種のおいしさに寄与するか?
学会名 日本味と匂学会第53回大会 2019年
発表者 〇齋田涼裕、山本浩輔、竹井亮、鷲尾英明、小山田圭佑、坂井信之
演題 米菓咀嚼中の食塊物性の変化がTDSによる口どけ感官能評価に及ぼす影響
学会名 日本農芸化学会 2019年
発表者 〇細井友加里、山谷健太、竹井亮、勝野那嘉子、西津貴久
演題 柿の種のおいしさに寄与する食感:TDL法による検討
学会名 日本味と匂学会第52回大会 2018年
発表者 〇山本浩輔、竹井亮、鷲尾英明、山道海路、坂井信之
演題 米菓の咀嚼中における味、風味の評価検討
学会名 日本味と匂学会第52回大会 2018年
発表者 〇野村和代、鷲尾英明、小林史幸、小竹佐知子
演題 米菓摂取時の筋活動と食塊物性
学会名 日本咀嚼学会 2018年
発表者 〇竹井絵理 ,竹井亮,鷲尾英明,真柄仁,辻村恭憲,井上誠
演題 米菓の口どけ感の定量的評価法の開発
学会名 日本食品科学工学会 2018年
発表者 〇山谷健太、細井友加里、竹井亮、鷲尾英明、西津貴久
演題 Study on texture of rice crackers by time-domain analysis of chewing vibration
学会名 日本食品科学工学会 2018年
発表者 〇Wang XUANPENG,Katsuki MATSUBARA, Akitoshi KATSUMATA, Yukari HOSOI, Kenta YAMAYA, Ryo TAKEI, Hideaki WASHIO, Kojiro MATSUSHITA, Nakako KATSUNO,Takahisa NISHIZU
演題 米菓咀嚼中の食塊物性の変化が口どけ感に及ぼす影響
学会名 日本農芸化学会 2018年
発表者 〇細井友加里、山谷健太、竹井亮、丸山健太郎、勝野那嘉子、西津貴久
演題 米菓咀嚼中の食塊粘度が口どけ感に及ぼす影響
学会名 日本食品科学工学会 2017年
発表者 〇細井友加里、山谷健太、竹井亮、丸山健太郎、勝野那嘉子、西津貴久
演題 米菓の物性と構造が口どけ感に及ぼす影響
学会名 日本農芸化学会 2017年
発表者 〇細井友加里、山谷健太、竹井亮、丸山健太郎、勝野那嘉子、西津貴久

優秀ポスター賞受賞

演題 幼児・学童向け米菓の研究 -摂食行動の認知期前頭皮質活動と咀嚼期咀嚼筋活動に及ぼす効果―
学会名 日本咀嚼学会 2007年
発表者 〇高橋肇、山村健介、伊藤彰、泰羅雅登、山田好秋
植物性乳酸菌K-1

研究論文

タイトル Heat-killed Lactobacillus casei subsp.casei 327 promotes colonic serotonin synthesis in mice
掲載誌 J Funct Foods. 2018;47:585-589
著者 Takashi HARA, Toshihiro MIHARA, Mitsuhisa ISHIBASHI, Takehisa KUMAGAI and Toshio JOH
タイトル Effects of heat-killed Lactobacillus casei subsp.casei 327 intake on defecation in healthy volunteers: a randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group study
掲載誌 Biosci. Microbiota Food Health. 2018;37(3):59-65
著者 Yuhi SAITO, Toshihiro MIHARA, Mamoru OKI and Takehisa KUMAGAI
タイトル Lactobacillus casei subsp.casei 327 摂取による若年女性の肌への効果―ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験―
掲載誌 薬理と治療. 2017;45(8):1295-1301
著者 熊谷武久、木津有美、内山公子、渡邊令子
タイトル Effects of intake of Lactobacillus casei subsp.casei 327 on skin conditions: a randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group study in women
掲載誌 Biosci. Microbiota Food Health. 2017;36(3):111-120
著者 Yuhi SAITO, Toshihiro MIHARA, Kentaro MARUYAMA, Jiro SAITO, Masumi IKEDA, Akihito TOMONAGA and Takehisa KUMAGAI
タイトル 玄米浸漬時の乳酸菌添加効果
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2006;53(3):179-184
著者 熊谷武久、瀬野公子、渡辺紀之
タイトル Effect of Lactobacillus casei subsp.casei 327 on the growth of bifidobacteria and its survival in the intestine
掲載誌 Food Sci.Technol.Res. 2004;10(2):143-146
著者 Takehisa KUMAGAI, Kimiko SENO, Hiroyuki KAWAMURA, Toshiyuki, WATANABE and Sanae OKADA
タイトル 焦げ肉摂取により誘導される尿および便中変異原の植物性乳酸菌による抑制
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2002;49(7):484-490
著者 熊谷武久、川村博幸、渡辺紀之、岡田早苗
タイトル 米および米加工品より分離した植物性乳酸菌の抗変異原性
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2001;48(9):693-696
著者 熊谷武久、瀬野公子、渡辺紀之、岡田早苗
タイトル 植物性乳酸菌の食品発酵性と食餌モデル培地における生育
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2001;48(9):677-683
著者 熊谷武久、瀬野公子、川村博幸、渡辺紀之、岡田早苗
タイトル 米及び米加工品より分離した植物性乳酸菌の抗変異原性
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2000;47(7):551-554
著者 熊谷武久、瀬野公子、渡辺紀之、岡田早苗
タイトル 植物性乳酸菌を含む発酵乳の便通に及ぼす影響
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2000;47(7):555-559
著者 瀬野公子、熊谷武久、渡辺紀之、岡田早苗

学会発表

タイトル 熱殺菌Lactobacillus casei subsp.casei 327の経口投与はBALB/cマウスのロペラミド誘発性便秘症状を改善する
掲載誌 日本農芸化学会 2019年
著者 〇三原敏敬、志田ちひろ、長谷川芽衣、熊谷武久、城斗志夫、原崇
タイトル 熱殺菌Lactobacillus casei subsp.casei 327投与によるマウス糞便排泄量の増加
掲載誌 日本農芸化学会 2018年
著者 〇三原敏敬、鹿毛菜央、芳崎奏、熊谷武久、城斗志夫、原崇
タイトル Lactobacillus casei subsp.casei 327 加熱殺菌体摂取が健常成人の排便に与える影響
掲載誌 日本農芸化学会 2018年
著者 〇齊藤雄飛、沖守、熊谷武久
演題 Lactobacillus casei subsp.casei 327殺菌菌体の経口投与によるマウス腸管セロトニンの産生亢進
学会名 日本食品科学工学会 2017年
発表者 〇三原敏敬、石橋実学、羽角彩音、熊谷武久、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus casei subsp.casei 327摂取が健常女性の肌状態に与える影響
学会名 日本農芸化学会 2017年
発表者 〇齊藤雄飛、丸山健太郎、池田麻純、朝長昭仁、熊谷武久
演題 Lactobacillus casei 327の経口摂取によるマウスの糞の軟化と腸管セロトニンレベルの上昇
学会名 日本農芸化学会 2016年
発表者 〇三原敏敬、渡邉由梨子、熊谷武久、城斗志夫、原崇
演題 植物性乳酸菌と焦げ肉摂取によるヒト便中及び尿中の変異原性
学会名 日本農芸化学会 2002年
発表者 〇川村博幸、熊谷武久、渡辺紀之、岡田早苗
演題 植物性乳酸菌の人工消化液耐性と抗変異原性
学会名 日本農芸化学会 2001年
発表者 〇熊谷武久、瀬野公子、渡辺紀之、岡田早苗
演題 植物性乳酸菌を含む発酵乳の便通及び糞便内Bifidobacterium数に及ぼす影響
学会名 日本食品科学工学会 2000年
発表者 〇瀬野公子、熊谷武久、渡辺紀之、岡田早苗
演題 植物性乳酸菌の抗変異原性
学会名 日本食品科学工学会 2000年
発表者 〇熊谷武久、瀬野公子、渡辺紀之、岡田早苗
演題 植物性乳酸菌の抗変異原性及び植物性乳酸菌を含む発酵乳の便通に及ぼす影響
学会名 日本乳酸菌学会 2000年
発表者 〇熊谷武久、瀬野公子、渡辺紀之、岡田早苗
植物性乳酸菌K-2

研究論文

タイトル Lacticaseibacillus paracasei K71摂取による健常者の体調維持と免疫指標への影響 ―ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験―
掲載誌 薬理と治療. 2022;50(4):625-643
著者 杉本淑惠、三原敏敬、山本佳奈、中村陽、内山公子、髙橋肇
タイトル Lacticaseibacillus paracasei K71摂取による抗肥満効果 ―ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験―
掲載誌 薬理と治療. 2021;49(12):2099-2110
著者 山本佳奈、齊藤雄飛、三原敏敬、近藤澄夫、内山公子、髙橋肇
タイトル The Palliative Effect of Lactobacillus paracasei K71 Intake on Japanese Cedar Pollen Allergy in an Environmental Exposure Unit ―A Randomized, Double-blind, Placebo-controlled, Parallel-group Trial―
掲載誌 Jpn Pharmacol Ther. 2020;48(12):2107-2118
著者 Toshihiro MIHARA, Yuhi SAITO, Tadao ENOMOTO, Hitoshi ARAO, Hajime TAKAHASHI
タイトル 肥満モデルマウスにおけるLactobacillus paracasei K71加熱死菌体摂取による腸内細菌叢および脂質代謝への影響
掲載誌 日本乳酸菌学会誌. 2018;29(3):152-157
著者 志波優、伊藤さとみ、松本雄宇、鈴木司、石毛太一郎、熊谷武久、藤田信之、山本祐司、田中尚人
タイトル Long-term diet supplementation with Lactobacillus paracasei K71 prevents age-related cognitive decline in senescence-accelerated mouse prone 8
掲載誌 Nutrients. 2018;10(6):762-774
著者 Henry M. CORPUZ, Saki ICHIKAWA, Misa ARIMURA, Toshihiro MIHARA, Takehisa KUMAGAI, Takakazu MITANI, Soichiro NAKAMURA and Shigeru KATAYAMA
タイトル Randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group study of the effect of Lactobacillus paracasei K71 intake on salivary release of secretory immunoglobulin A
掲載誌 Biosci. Microbiota Food Health. 2017;36(2):55-63
著者 Yuhi SAITO, Mikio FUJII, Toshiyuki WATANABE, Kentaro MARUYAMA, Yasuyuki KOWATARI, Hiromaru OGATA and Takehisa KUMAGAI
タイトル Lactobacillus paracasei K71 isolated from sakekasu(Sake Lees) suppresses serum IgE levels in ovalbumin-immunized Balb/c mice
掲載誌 Food Sci.Technol. Res. 2013;19(1):127-132
著者 Takehisa KUMAGAI, Mariko IGUCHI, Naoya SHIGEYAMA, Sanae OKADA, Toshio JOH and Takashi HARA
タイトル Beneficial effect of a diet containing heat-killed Lactobacillus paracasei K71 on adult type atopic dermatitis
掲載誌 Journal of Dermatology. 2011;38:131-139
著者 Miki MOROI, Sahori UCHI, Kenjiro NAKAMURA, Saori SATO, Nobuyuki SHIMIZU, Mikio FUJII, Takehisa KUMAGAI, Mariko SAITO, Kimiko UCHIYAMA, Toshiyuki WATANABE, Hideyo YAMAGUCHI, Tetsuro YAMAMOTO, Satoshi TAKEUCHI and Masutaka FURUE

学会発表

演題 Lacticaseibacillus paracasei K71摂取による健常者の体調維持と免疫指標への影響
学会名 日本農芸化学会 2022年
発表者 〇杉本淑惠、三原敏敬、山本佳奈、内山公子、髙橋肇
演題 Lacticaseibacillus paracasei K71摂取による抗肥満効果 ―ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験―
学会名 日本農芸化学会 2022年
発表者 〇山本佳奈、齊藤雄飛、三原敏敬、内山公子、髙橋肇
演題 食餌誘発性肥満モデルラットに対する乳酸菌Lacticaseibacillus paracasei K71の影響の解析
学会名 日本農芸化学会 2022年
発表者 〇清水佳祐、三原敏敬、内山公子、髙橋肇、松本雄宇、鈴木司、井上順、山本祐司
演題 Lacticaseibacillus paracasei K71摂取による皮膚光老化抑制とその作用機序の解析
学会名 日本栄養・食糧学会中部支部大会 2021年
発表者 ◯山崎莉緒、海瀬ひかる、三原敏敬、内山公子、髙橋肇、片山茂
演題 Lactobacillus paracasei K71の経口摂取によるスギ花粉アレルギー症状の緩和効果
学会名 日本農芸化学会関東支部例会 2021年(受賞講演)
発表者 ○三原敏敬、畑実里、吉澤梓織、山本佳奈、杉本淑惠、内山公子、城斗志夫、原崇

トピックス賞受賞

演題 Lactobacillus paracasei K71の経口摂取によるスギ花粉アレルギー症状の緩和効果
学会名 日本農芸化学会 2021年
発表者 ○三原敏敬、畑実里、吉澤梓織、山本佳奈、杉本淑惠、内山公子、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71の経口投与によるIgA産生促進とNK活性増強効果
学会名 日本農芸化学会 2021年
発表者 〇山本佳奈、吉澤梓織、畑実里、三原敏敬、杉本淑惠、内山公子、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71 経口投与による NC/Nga マウスの皮膚炎症状緩和とサイトカイン発現レベル変動
学会名 日本農芸化学会 2020年
発表者 ○山本佳奈、岡本楓、町田優莉佳、三原敏敬、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71菌体の経口投与が皮膚光老化抑制に及ぼす効果
学会名 日本栄養・食糧学会 2019年
発表者 〇海瀬ひかる、市川紗貴、安田真由、三原敏敬、熊谷武久、三谷塁一、中村宗一郎、片山茂
演題 肥満モデルマウスにおけるLactobacillus paracasei K71加熱殺菌体摂取が腸内細菌叢へ及ぼす影響
学会名 日本農芸化学会 2019年
発表者 〇志波優、伊藤さとみ、松本雄宇、鈴木司、井上順、石毛太一郎、熊谷武久、藤田信之、山本祐司、田中尚人
演題 肥満モデル動物におけるLactobacillus paracasei K71加熱殺菌体摂取による新規機能性の探索
学会名 日本農芸化学会 2019年
発表者 〇伊藤さとみ、志波優、松本雄宇、鈴木司、井上順、石毛太一郎、熊谷武久、藤田信之、田中尚人、山本祐司
演題 Long-term administration of Lactobacillus paracasei K71 isolated from sake lees prevents cognitive decline in senescence-accelerated mouse prone-8, SAMP8
学会名 日本農芸化学会 2018年
発表者 〇Henry Marzo CORPUZ, Shigeru KATAYAMA, Takakazu MITANI, Toshihiro MIHARA, Takehisa KUMAGAI, Soichiro NAKAMURA
演題 Lactobacillus paracasei K71の経口投与による血中IgEレベル抑制とTh1偏向誘導
学会名 日本農芸化学会 2015年
発表者 〇三原敏敬、五十嵐晶、渡邉由梨子、佐藤 佳太、熊谷武久、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71の経口摂取による腸管IgAレベル亢進と形質細胞様樹状細胞のAPRIL発現増大
学会名 日本農芸化学会 2013年
発表者 〇寺平拓也、五十嵐晶、熊谷武久、藤井幹夫、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71投与によるインフルエンザ感染マウスへの効果
学会名 日本農芸化学会 2013年
発表者 〇樋口裕樹、渡辺紀之、熊谷武久、林杏子
演題 Lactobacillus paracasei K71の経口摂取が分泌型IgA産生に及ぼす影響
学会名 日本農芸化学会 2013年
発表者 〇熊谷武久、寺平拓也、藤井幹夫、山本哲郎、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71投与によるBALB/cマウスのナチュラルキラー細胞活性化
学会名 農芸化学会関東支部大会 2013年
発表者 〇寺平拓也、富樫奈央、熊谷武久、井口真理子、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71摂取によるパイエル板におけるTh1応答の誘導
学会名 日本栄養・食糧学会 2013年
発表者 〇富樫奈央、五十嵐晶、熊谷武久、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71投与によるNC/Ngaマウスのアトピー様皮膚炎症状緩和と制御性T細胞増加
学会名 日本食品科学工学会 2012年
発表者 〇寺平拓也、富樫 奈央、熊谷武久、井口真理子、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71投与によるNC/Ngaマウスのアトピー様皮膚炎症状緩和とTh2型免疫応答抑制
学会名 日本食品科学工学会 2011年
発表者 〇寺平拓也、富樫奈央、熊谷武久、井口真理子、城斗志夫、原崇
演題 酒粕由来 Lactobacillus paracasei K71の摂取による花粉症症状改善効果 (第二報)
学会名 日本農芸化学会 2011年
発表者 〇斉藤真理子、熊谷武久、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71の経口投与がBALB/cマウスの抗体産生並びに細胞傷害活性に及ぼす影響
学会名 日本食品科学工学会 2010年
発表者 〇五十嵐晶、寺平拓也、熊谷武久、斎藤真理子、渡辺紀之、城斗志夫、原崇
演題 Lactobacillus paracasei K71摂取によるTh1並びにTh2サイトカイン産生応答の抑制
学会名 日本農芸化学会 2010年
発表者 〇石川公亮、熊谷武久、斉藤真理子、重山直也、山﨑春佳、城斗志夫、渡辺紀之、原崇
演題 二重盲検試験によるLactobacillus paracasei K71のアトピー性皮膚炎症状緩和効果の確認
学会名 日本農芸化学会 2010年
発表者 〇斉藤真理子、熊谷武久、内山公子、藤井幹夫、山本哲郎、渡辺紀之
演題 Lactobacillus paracasei K71の高用量安全性ヒト試験
学会名 日本農芸化学会 2010年
発表者 〇藤井幹夫、斉藤真理子、内山公子、熊谷武久、山本哲郎、渡辺紀之
演題 酒粕由来乳酸菌の摂取がアトピー性皮膚炎症状に及ぼす影響
学会名 日本皮膚科学会西部支部学術大会 2009年
発表者 〇師井美樹、内小保理、中村賢二郎、佐藤さおり、清水信之、藤井幹夫、熊谷武久、斉藤真理子、内山公子、渡辺紀之、山本哲郎、古江増隆
演題 アトピー性皮膚炎患者に対する植物性乳酸菌Lactobacillus paracasei K71の症状緩和効果
学会名 日本栄養・食糧学会 2009年
発表者 〇熊谷武久、斉藤真理子、内山公子、原崇、山本哲郎、藤井幹夫、渡辺紀之
演題 米発酵食品由来乳酸菌のIgE産生抑制作用
学会名 日本農芸化学会 2009年
発表者 〇原崇、熊谷武久、斉藤真理子、重山直也、城斗志夫、渡辺紀之、岡田早苗
演題 NC/Ngaマウスのヒトアトピー性皮膚炎様症状に対する植物性乳酸菌Lactobacillus paracasei K71の改善効果
学会名 日本農芸化学会 2009年
発表者 〇斉藤真理子、熊谷武久、渡辺紀之、重山直也、城斗志夫、原崇
演題 アトピー性皮膚炎患者に対する植物性乳酸菌Lactobacillus paracasei K71の症状緩和効果
学会名 日本農芸化学会 2009年
発表者 〇熊谷武久、斉藤真理子、内山公子、渡辺紀之、山本哲郎、原崇、藤井幹夫
演題 花粉症患者に対する植物性乳酸菌Lactobacillus paracasei K71の症状緩和効果
学会名 日本農芸化学会 2009年
発表者 〇内山公子、熊谷武久、斉藤真理子、藤井幹夫、原崇、渡辺紀之
ヘルスケア食品

研究論文

タイトル お粥の性状と嚥下動態の関係-喉頭運度・筋電図・嚥下音の同時測定による評価-
掲載誌 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌. 2002;6(2):73-81
著者 林豊彦、金子裕史、中村康雄、石田智子、高橋肇、山田好秋、道見登、野村修一
タイトル 喉頭運動・舌骨上筋群筋電図・嚥下音の同時計測による嚥下機能の評価―お粥の性状の違いによる嚥下動態の変化―
掲載誌 電子情報通信学会技術研究報告. 2001;101(478):135-142
著者 金子裕史、林豊彦、中村康雄、石田智子、高橋肇、新井映子、山田好秋、道見登、野村修一
タイトル 嚥下困難者用「粥」の評価
掲載誌 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌. 1999;3(2):36-46
著者 高橋肇、宮岡洋三、新井映子、山田好秋
タイトル 慢性腎不全保存期患者に対する脱蛋白米の腎不全進行抑制効果
掲載誌 基礎と臨床. 1994;28(13);4297-4304
著者 佐中孜、二瓶宏、臼井昭子
タイトル 新しく実用化された「低タンパク米飯」の慢性腎不全食事療法における有用性
掲載誌 基礎と臨床. 1994;28(10);2979-2985
著者 中尾俊之、金澤良枝、小倉誠、高橋創、岡田知也、韓明基

学会発表

演題 Multicenter randomized controlled study of the efficacy of low-protein rice for dietary protein restriction in patients with CKD
学会名 ASN Kidney Week 2018
発表者 〇Michihiro HOSOJIMA, Hideyuki KABASAWA, Ryohei KASEDA, Tomomi ISHIKAWA, Yoshitsugu OBI, Toshiko MURAYAMA, Shoji KUWAHARA, Yoshiki SUZUKI, Ichiei NARITA, Akihiko SAITO
演題 低たんぱく質米の使用がCKD患者のたんぱく質摂取量に与える効果に関する多施設共同無作為化比較試験
学会名 日本腎臓学会学術総会 2018年
発表者 〇細島康宏、蒲澤秀門、忰田亮平、石川友美、小尾佳嗣、樋口裕樹、村山稔子、桑原頌治、鈴木芳樹、斎藤亮彦、成田一衛
演題 低蛋白質米飯の製造
学会名 日本食品科学工学会関東支部 平成7年度大会
発表者 〇渡辺紀之、高橋肇
米タンパク質

研究論文

タイトル Rice Endosperm Protein Improves the Anti-Inflammatory Effects of High-Density Lipoprotein and Produces Lower Atherosclerotic Lesion Accelerated by the Renal Mass Reduction than Casein in a Mouse Model
掲載誌 J Am Coll Nutr. 2021;23;1-11
著者 Ryohei KASEDA, Michihiro HOSOJIMA, Shoji KUWAHARA, Hideyuki KABASAWA, Hiroyuki AOKI, Yuki HIGUCHI, Valentina KON, Ichiei NARITA, Akihiko SAITO
タイトル Rice Endosperm Protein Administration to Juvenile Mice Regulates Gut Microbiota and Suppresses the Development of High-Fat Diet-Induced Obesity and Related Disorders in Adulthood
掲載誌 Nutrients. 2019;11:2919
著者 Yuki HIGUCHI, Michihiro HOSOJIMA, Hideyuki KABASAWA, Shoji KUWAHARA, Sawako GOTO, Koji TOBA, Ryohei KASEDA, Takahiro TANAKA, Nobutaka KITAMURA, Hayato TAKIHARA, Shujiro OKUDA, Masayuki TANIGUCHI, Hitoshi ARAO, Ichiei NARITA and Akihiko SAITO
タイトル A randomized, double-blind, crossover pilot trial of rice endosperm protein supplementation in maintenance hemodialysis patients
掲載誌 Scientific Reports. 2017;7:1-10
著者 Michihiro HOSOJIMA, Hisaki SHIMADA, Yoshitsugu OBI, Shoji KUWAHARA, Ryohei KASEDA, Hideyuki KABASAWA, Hazuki KONDO, Mikio FUJII, Reiko WATANABE, Yoshiki SUZUKI, Motoni KADOWAKI, Shigeru MIYAZAKI and Akihiko SAITO
タイトル Beneficial effects of rice endosperm protein intake in Japanese men with risk factors for metabolic syndrome: a randomized, crossover clinical trial
掲載誌 BMC Nutrition. 2016:2-25
著者 Michihiro HOSOJIMA, Ryohei KASEDA, Hazuki KONDO, Mikio FUJII, Masatoshi KUBOTA, Reiko WATANABE, Naohito TANABE, Motoni KADOWAKI, Yoshiki SUZUKI and Akihiko SAITO
タイトル Rice endosperm protein slows progression of fatty liver and diabetic nephropathy in Zucker diabetic fatty rats
掲載誌 British Journal of Nutrition. 2016;116:1326-1335
著者 Masatoshi KUBOTA, Reiko WATANABE, Miki YAMAGUCHI, Michihiro HOSOJIMA, Akihiko SAITO, Mikio FUJII, Shinobu FUJIMURA and Motoni KADOWAKI
タイトル Rice protein hydrolysates stimulate GLP-1 secretion, reduce GLP-1 degradation, and lower the glycemic response in rats
掲載誌 Food & function. 2015;6(8):2525-2534
著者 Y. ISHIKAWA, T. HIRA, D. INOUE, Y. HARADA, H. HASHIMOTO, M. FUJII, M. KADOWAKI, H. HARA
タイトル Rice protein ameliorates the progression of diabetic nephropathy in Goto-Kakizaki rats with high-sucrose feeding
掲載誌 Br.J.Nutri. 2013;110(7):1211-1219
著者 Masatoshi KUBOTA, Reiko WATANABE, Hideyuki KABASAWA, Noriaki IINO, Akihiko SAITO, Takehisa KUMAGAI, Shinobu FUJIMURA and Motini KADOWAKI
タイトル Improvement in the vivo digestibility of rice protein by alkali extraction Is due to structural changes in prolamin/protein body-I particle
掲載誌 Biosci.Biotechnol.Biochem. 2010;74(3):614-619
著者 Masatoshi KUBOTA, Yuhi SAITO, Takehiro MASAMURA, Takehisa KUMAGAI, Reiko WATANABE, Shinobu FUJIMURA, and Motoni KADOWAKI
タイトル Superiority of alkali-extracted rice protein in bioavailability to starch degraded rice protein comes from digestion of prolamin in growing rats
掲載誌 J.Nutr.Sci.Vitaminol. 2009;55:170-177
著者 Takehisa KUMAGAI, Reiko WATANABE, Mariko SAITO, Toshiyuki WATANABE, Masatoshi KUBOTA and Motoni KADOWAKI
タイトル 血清アルブミン低値高齢者における米タンパク質含有食品長期摂取の有効性と安全性について
掲載誌 新潟医学会雑誌別冊. 2008;122(3):138-147
著者 渡辺賢一、井上幹雄、中野るりこ、坂口良子、小林隆司、小山博史、熊谷武久、斉藤真理子、渡辺紀之
タイトル Effect of rice priteins from two cultivars, koshihikari and shunyo, on cholesterol and triglyceride metabolism in growing and adult rats
掲載誌 Biosci.Biotechnol.Biochem. 2007;71(3):694-703
著者 Lin YANG, Takehisa KUMAGAI, Hiroyuki KAWAMURA, Toshiyuki WATANABE, Masatoshi KUBOTA, Shinobu FUJIMURA, Reiko WATANABE and Motoni KADOWAKI
タイトル Production of rice protein by alkaline extraction improves Its digestibility
掲載誌 J.Nutr.Sci.Vitaminol. 2006;52:467-472
著者 Takehisa KUMAGAI, Hiroyuki KAWAMURA, Takao FUSE, Toshiyuki WATANABE, Yuhi SAITO, Takehiro MASUMURA, Reiko WATANABE and Motoni KADOWAKI

学会発表

演題 Rice endosperm protein intake in childhood suppresses the development of high-fat-diet-induced metabolic disorders and kidney disease during adulthood in mice (Poster Session)
学会名 American Diabetes Association The 79th Scientific Sessions 2019
発表者 〇Yuki HIGUCHI, Michihiro HOSOJIMA, Hideyuki KABASAWA, Shoji KUWAHARA, Ryohei KASEDA, Takahiro TANAKA, Hitoshi ARAO, Ichiei NARITA and Akihiko SAITO

若手研究会長賞受賞

演題 幼少期における米胚乳タンパク質の摂取が成熟期の高脂肪食負荷による肥満および肥満関連腎症に及ぼす影響
学会名 第22回 日本病態栄養学会 2019年
発表者 〇樋口裕樹、細島康宏、蒲澤秀門、桑原頌治、忰田亮平、成田一衛、斎藤亮彦
演題 Rice endosperm protein intake in childhood suppresses development of high-fat diet-induced metabolic disorders and kidney disease in adulthood in mice
学会名 ISN Frontiers Meetings 2018
発表者 〇Y. HIGUCHI, M. HOSOJIMA, H. KABASAWA, S. KUWAHARA, R. KASEDA, K. MARUYAMA, I. NARITA and A. SAITO
演題 Beneficial effect of rice endosperm protein on IgE production
学会名 International Congress of Nutrition (IUNS 21th ICN, Buenos Aires, Argentina) 2017
発表者 〇M. KUBOTA, T. KAMADA, T. HARA, Y. HIGUCHI, M. FUJII, S. SATO, S. FUJIMURA and M. KADWAKI
演題 Beneficial effects of rice endosperm protein on chronic kidney disease-mineral and bone disorder (CKD-MBD) in Zucker diabetic fatty rats
学会名 International Congress of Nutrition (IUNS 21th ICN, Buenos Aires, Argentina) 2017
発表者 〇R. WATANABE, M. KUBOTA, S. SUGAKI, M. HOSOJIMA, A. SAITO, M. FUJII, I. SASAGAWA, S. FUJIMURA and M. KADWAKI
演題 GLOBULIN IN THE RICE ENDOSEPRM HAS POTENT GLP-1 RELEASING ACTIVITY AND GLUCOSE-LOWERING EFFECT IN RATS
学会名 The 3rd International Congress on Rice Bran Oil (ICRBO Tokyo 2016) 第3回国際こめ油会議 2016年
発表者 〇T. HIRA, D. INOUE, T. KOGA, Y. ISHIKAWA, M. FUJII and H. HARA
演題 米ペプチドによる消化管ホルモン分泌を介した血糖上昇抑制作用
学会名 日本栄養・食糧学会大会 2016年
発表者 〇比良徹、原博
演題 米胚乳タンパク質の血清尿酸値低下効果(第3報)
学会名 日本農芸化学会 2016年
発表者 〇藤井幹夫、樋口裕樹、近藤葉月、杉浦孝宏、北林大侑、渡邊令子、細島康宏、牧野利明 、斎藤亮彦
演題 Effect of rice endosperm protein on systemic and intestinal immunity
学会名 12th Asian Congress of Nutrition 2015
発表者 〇T. KAMADA, S. TERAO, M. KUBOTA, A. SEKIGUCHI, H. OTANI, H. KATO, M. FUJII, S. FUJIMURA, and M. KADOWAKI
演題 Beneficial effects of rice endosperm protein intake in Japanese men with obesity or metabolic syndrome: a fundamental crossover clinical trial
学会名 12th Asian Congress of Nutrition 2015
発表者 〇M. HOSOJIMA, R. KASEDA, H. KONDO, M. FUJII, M. KUBOTA, R. WATANABE, M. KADOWAKI, and A. SAITO
演題 米胚乳タンパク質の血清尿酸値低下効果(第2報)
学会名 日本農芸化学会 2015年
発表者 〇近藤葉月、樋口裕樹、藤井幹夫、丸山健太郎、北原祐樹、山本哲郎、齋藤次郎、近藤澄夫、門脇基二、細島康宏、斎藤亮彦
演題 米胚乳タンパク質の血清尿酸値低下効果
学会名 日本農芸化学会 2014年
発表者 細島康宏、青池郁夫、近藤葉月、藤井幹夫、久保田真敏、門脇基二、斎藤亮彦
演題 米糠・胚乳ペプチドはラットにおいてGLP-1分泌を促進し、血中GLP-1のActive/Total比を高める
学会名 日本農芸化学会 2014年
発表者 〇石川結貴、比良徹、原田幸和、橋本博之、藤井幹夫、門脇基二、原博
演題 米胚乳ペプチドはラットにおいてGLP-1分泌を促進して血糖上昇を抑制する
学会名 日本農芸化学会 2013年
発表者 〇石川結貴、比良徹、藤井幹夫、門脇基二、原博
演題 米胚乳タンパク質調製時の加熱処理が収率および保水性にあたえる影響
学会名 日本農芸化学会 2013年
発表者 〇藤井幹夫、平塚貴政、近藤葉月、門脇基二
演題 アルカリ抽出コメタンパク質の免疫調節機能の探索
学会名 日本栄養・食糧学会 2012年
発表者 〇小林大介、齋藤雄飛、門脇基二、大谷元
演題 アルカリ抽出米タンパク質がラットのin vivo消化・吸収性と成長に及ぼす影響
学会名 日本栄養・食糧学会 2007年
発表者 〇熊谷武久、斉藤真理子、渡辺紀之、渡邊令子、門脇基二
演題 製法が異なる米タンパク質の形態観察とその消化性の違い
学会名 日本栄養・食糧学会 2006年
発表者 〇熊谷武久、川村博幸、布施隆、渡辺紀之、斎藤雄飛、増村威宏、渡邊令子、門脇基二
演題 米タンパク質プロラミン及びグルテリンのin vivo消化性の比較
学会名 日本栄養・食糧学会 2006年
発表者 〇久保田真敏、熊谷武久、増村威宏、渡邊令子、藤本忍、門脇基二
演題 Effect of rice protein and its variety Syunyo on the lipid metabolism in young and adalt rat
学会名 日本農芸化学会 2006年
発表者 〇L. YANG, T. KUMAGAI, M. KUBOTA, R. WATANABE, T. WATANABE, S. FUJIMOTO, M. KADOWAKI
米タンパク質加水分解物(ペプチド)

学会発表

演題 A DISCOVERY OF NOVEL BIOACTIVE PEPTIDES FROM RICE PROTEIN CONTROLLING GHRELIN RELEASE
学会名 58th Japanese Peptide Symposium 2021
発表者 ○金子賢太朗、徳山雄基、谷口永里子、阿部志門、岩倉浩、佐藤大、倉林篤史、鈴木秀幸、伊藤彰、樋口裕樹、中山諒子、内山公子、髙橋肇、大日向耕作
演題 A novel orally active rice-derived peptides controlling appetite
学会名 第44回日本神経科学大会 2021年
発表者 ○金子賢太朗、徳山雄基、阿部志門、佐藤大、倉林篤史、鈴木秀幸、伊藤彰、樋口裕樹、中山諒子、髙橋肇、大日向耕作
演題 A novel rice protein-derived peptide exhibits anti-depressant-like effect after oral administration
学会名 第43回日本神経科学大会 2020年
発表者 ○金子賢太朗、徐宸東、朝倉佐保、大日向耕作、佐藤大、倉林篤史、鈴木秀幸、伊藤彰、樋口裕樹、中山諒子
演題 米タンパク質由来の新規グレリン分泌促進ペプチド
学会名 日本アミノ酸学会 第13回学術大会 2019年
発表者 ○阿部志門、徳山雄基、中戸絢也、岩倉浩、佐藤大、倉林篤史、鈴木秀幸、伊藤彰、樋口裕樹、松村成暢、井上和生、大日向耕作
演題 米タンパク質由来の新しい抗うつ様ペプチドの発見
学会名 日本アミノ酸学会 第13回学術大会 2019年
発表者 ○徐宸東、朝倉佐保、佐藤大、倉林篤史、鈴木秀幸、松村成暢、井上和生、大日向耕作
ペット用サプリメント素材

研究論文

タイトル Complementary effect of oral administration of Lactobacillus paracasei K71 on canine atopic dermatitis
掲載誌 Vet Dermatol. 2015;26(5):350-353
著者 Yuri OHSHIMA-TERADA, Yuki HIGUCHI, Takehisa KUMAGAI, Akihito HAGIHARA, Masahiko NAGATA

平成25年度優秀論文賞受賞 日本獣医皮膚科学会

タイトル 犬アトピー性皮膚炎におけるLactobacillus paracasei K71の補助的治療効果
掲載誌 獣医臨床皮膚科. 2013;19(3):155-158
著者 赤熊美紀、樋口裕樹、熊谷武久、永田雅彦
タイトル 殺菌乳酸菌Lactobacillus paracasei K71が離乳子豚の発育、糞便性状、小腸および病原因子に及ぼす効果
掲載誌 日豚会誌. 2013;50(2):46-50
著者 小橋有里、井口真理子、大久保剛揮、藤井崇、熊谷武久、渡辺紀之
タイトル 慢性再発性皮膚病変を伴う犬に対して乳酸菌Lactobacillus paracasei K71を使用した3例
掲載誌 DERMATOLOGY. 2011;2,(4):90-91
著者 川村悠太

学会発表

演題 殺菌乳酸菌Lactobacillus paracasei K71が離乳子豚の発育、糞便性状、小腸および病原因子へ与える効果
学会名 日本畜産学会 2013年
発表者 ○小橋有里、井口真理子、大久保剛揮、藤井崇、熊谷武久、渡辺紀之
お米の研究

研究論文

タイトル Effects of single ingestion of rice cracker and cooked rice with high resistant starch on postprandial glucose and insulin responses in healthy adults: two randomized, single-blind, cross-over trials
掲載誌 Biosci. Biotech Biochem. 2020;84(2):365-371
著者 Yuhi SAITO, Toshiyuki WATANABE, Toshiyuki SASAKI, Kenichi WATANABE, Masao HIRAYAMA, Naoko FUJITA
タイトル QDA法による玄米飯の官能評価
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2019;66(2):33-40
著者 本間以祝、伊藤彰、上田玲子、早川文代、丸山健太郎
タイトル ラット白血病細胞RBL-2H3に対するイネポリフェノールの脱顆粒阻害作用
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2006;53(8):416-422
著者 金子裕隆、川村博幸、熊谷武久、渡辺紀之、亀山眞由美、吉田充、新本洋士
タイトル 幼若稲乾燥粉末の摂取が血清成分と便通改善に与える影響
掲載誌 日本食品科学工学会誌. 2004;51(2):72-78
著者 熊谷武久、伊藤彰、瀬野公子、渡辺紀之
タイトル 難消化性デキストリンを配合した即席みそ汁の摂取が健常成人の便通および便性状に及ぼす影響およびその過剰摂取による腹部の自覚症状に及ぼす影響
掲載誌 健康・栄養食品研究. 2004;7(1):1-13
著者 熊谷武久、伊藤彰、瀬野公子、渡辺紀之
タイトル フラクトオリゴ糖配合稲微粉末食品の摂取が健常成人の便通、便性状および糞便菌叢に及ぼす影響およびその安全性
掲載誌 健康・栄養食品研究. 2003;6(2):1-12
著者 瀬野公子、熊谷武久、渡辺紀之
タイトル 難消化性デキストリンを含む米飯の単回摂取による食後血糖値上昇に及ぼす影響および長期摂取における安全性
掲載誌 健康・栄養食品研究. 2002;5(4):47-53
著者 布施隆、高野和也、熊谷武久、渡辺紀之
タイトル 難消化性デキストリンを含む米飯の単回摂取が食後血糖値上昇に及ぼす影響
掲載誌 健康・栄養食品研究. 2002;5(1):69-74
著者 布施隆、高野和也、熊谷武久、渡辺紀之
タイトル Ultrasonic degradation of waxy rice starch
掲載誌 Biosci. Biotech Biochem. 1994;58(10):1799-1802
著者 Yoshinobu ISONO, Takehisa KUMAGAI and Toshiyuki WATANABE

学会発表

演題 定量的記述分析(QDA)法を用いた玄米の官能特性評価
学会名 食品科学工学会 2017年
発表者 〇本間以祝、伊藤彰、上田玲子、早川文代、丸山健太郎
演題 巨大胚芽米「金のいぶき」摂取によるヒト排便改善効果
学会名 食品科学工学会 2017年
発表者 〇樋口裕樹、木津有美、本間以祝、熊谷武久、伊藤彰、丸山健太郎
演題 胚乳部に特徴を有する精白米の理化学特性の解明と加工特性の評価
学会名 種子生理生化学研究会 2010年
発表者 渡辺紀之
演題 イネ若葉ポリフェノールの抗アレルギー及び美白作用
学会名 日本農芸化学会 2005年
発表者 〇金子裕隆、川村博幸、熊谷武久、渡辺紀之、亀山眞由美、吉田充、新本洋士
演題 超音波分解法による澱粉と合成高分子の複合化
学会名 日本農芸化学会 1994年
発表者 〇熊谷武久、渡辺紀之、五十野善信
演題 天然多糖の超音波分解
学会名 日本農芸化学会 1992年
発表者 〇熊谷武久、長橋利香、渡辺紀之、五十野善信